私たちが考える展示会とは

展示会は、出展社が「儲かる」ために存在する。

「展示会とは何のためにあるのか?」
私たちの答えはシンプルです。それは、出展社が儲かること。展示会に参加することで、出展社が利益を出し、ビジネスを拡大していくためには、何をすればいいのかを常に考えています。出展社が儲かれば、さらに多くの出展社が集まる。そうなることで来場者が増え、展示会そのものが拡大する。そしてビジネスチャンスが広がり、業界が活性化していく。それが私たちの考える展示会のスパイラルです。

展示会に参加するためにかけたコスト以上の利益を出展社にもたらすためには、付加価値の高い仕組みが求められます。私たちが開発した仕組みがいくつもあります。例えば、ハウジングの展示会で提供している「コンシェルジュ・サービス」。事前に簡単な質問にお答えいただいた来場者に、最適な訪問先をおすすめするサービスです。出展社と来場者を効率的につなげることができます。

ラーメン・居酒屋などの外食関連の産業展では「プレミアムマッチング」という仕組みを開発。普段の営業では出会えない、厳選した飲食チェーンやホテルのバイヤー・販売責任者を専用商談ブースにお招きして、出展社とのマッチングを実施します。

さらには、各業界の著名人によるセミナー、飲食店向けのコンサルティングも提供しています。出展社の利益創出なしに展示会は存在しえません。さまざまな企画やオリジナルの仕組みを用意し、出展社が儲かるチャンスを広げていく。展示会に出たことが成長のきっかけになる。これが私たちの展示会のあり方なのです。

thumb
プレミアムマッチング
ラーメン産業展・居酒屋産業展で実施した、飲食チェーンや有名ホテルのバイヤーと出展社が直接会って商談できるプレミアムマッチングは、業界初のチャレンジでした。

ページトップへ戻る